病気から脱出する|治療の仕組みと選び方を頭の中に入れておくとよい

病気から脱出する

カウンセリング

準備やルールを知っておく

現代人の多くは、先行きの不安の状態で生きています。そのような時代が長く続くと、人々は精神的に崩壊してくる可能性があります。例えば、うつ病患者が日本ではたくさん増えていますが、これはまさしく将来に関する漠然とした不安を抱えている証拠です。近年は、うつ病に対する治療法も様々なものが出てきました。一般的には、カウンセラーと話をして投薬治療を行い状態を良くしていく傾向があります。しかし最近は、諸外国で効果があったとされる療法を積極的に取り入れているところもあります。その一つがバタフライハグと呼ばれるものです。バタフライハグとは、自分自身で自分の方を触り方を叩くことです。わかりにくいのでもう少し説明すると、自分の右手のひらで自分の左肩を触り、逆に自分の左手のひらで自分の右肩を触っていきます。つまり、自分を抱きかかえたような状態になるはずです。この時、20秒位自分の肩を両手で軽く叩いてみましょう。強く叩く必要はなく、軽く叩いてみると予想外のことに気がつくはずです。それは、リラックス効果があることです。上手な人が行えば、非常に効果がある方法で一気に心を落ち着かせることができるでしょう。これらを、精神科等で推奨していますが、実際に通うとなった場合にはお金の準備をしておく必要があります。お金といっても、うつ病の患者の場合には保険が適用されるため3割負担にしかなりません。つまり、1回あたりの治療で2000円前後の金額になると考えておけば良いでしょう。ただ、うつ病でうまく働けない人もいますので、大きな出費になり得るかもしれません。

バタフライハグを試してみる場合には、どれぐらいの治療期間が必要になるか気になるところでしょう。いちどバタフライハグを行えば、その効果が実感できるはずですが、基本的には効果がずっと持続するわけではありません。そのため、1回だけ行ってもすぐに効果がしぼんでしまうでしょう。そうだとすれば、ある程度長期的に行っていく必要があります。一般的に、うつ病完治させるためには軽度のうつ病で半年程度かかるとされています。これに対して、重度のうつ病の場合には1年半ほどの時間を要する例も多くありました。そうだとすれば、自分の状態に合わせて治療期間の目安を考えておきたいところです。もし、長期化が予想される場合にはカウンセリング等と併用するのが良いでしょう。肩を叩くだけで精神的な安定感は随分と違うものの、やはりそれだけでは不十分な部分もあります。そこで、カウンセリングを積極的に行ってくれる精神科や心療内科を選ぶと良いかもしれません。基本的には、うつ病の原因とされているのは自分自身の気持ちの部分です。1つの事実に対して、どのように反応するかは人によって異なりますが、ネガティブに反応しすぎる人はそれが慢性化し、やがてうつ病に発達していくと考えられています。そうだとすれば、なぜ自分はある特定の事実に対してネガティブに反応してしまったかを知ることが大事になるでしょう。実は、これを認識するには自分自身だけでなく他の人の力が必要になります。その他の人とは、精神科や心療内科の医者やカウンセラーだと考えておけば良いです。

Copyright© 2019 治療の仕組みと選び方を頭の中に入れておくとよい All Rights Reserved.