どんな効果があるのか|治療の仕組みと選び方を頭の中に入れておくとよい

どんな効果があるのか

ハートを持つ医者

やり方を学ぼう

バタフライハグは一度でも心の病気にかかったことのある人なら聞いたことがあるかもしれません。そのくらい心の病気に関係しているものと言えます。どんなものなのかというと、一種の治療法でもあるのです。これを行うことで心が落ち着くことがあります。やり方をきちんと学び、正しい方法で試してみましょう。特にイライラしたり、ストレスが溜まったりすることの多い人は試してみる価値があります。バタフライハグのやり方はインターネットでも簡単に検索できます。図解で丁寧に説明されているサイトもあるので参考にしてみましょう。特に費用がかかるわけでもなく、いつでもどこでもできるのでとても便利です。夜寝る前に毎日行っているという人も少なくありません。そうすると高揚していた気分なども落ち着いていき、快適な睡眠につけることもあります。会社で嫌なことがあって落ち込んで眠れないという時などにも効果的です。やり方を簡単に説明すると、胸の前で両手をクロスします。これがバタフライ、いわゆるチョウチョのような形に見えるというわけです。もちろん心を落ち着けるためには瞑想するような感じで両目をつぶりましょう。そしてクロスした手のひらをトントンと肩を叩くような感じでリズム感よく叩いてみます。よく小さな子どもが泣いている時に背中をトントンとして落ち着かせる方法がありますが、それと同じような感じです。瞑想する内容としては安心できるものをイメージしましょう。これを2分くらい行うだけで不思議とリラックスできるというわけです。

不眠症の人やイラつき感がひどいという人などは、心が高ぶっているからなのかもしれません。良いことがあって高揚しているのならいいのですが、逆のことで気分が落ち着かないというのは困ります。勉強や仕事にも集中できなくなってしまうことでしょう。そんな時にはバタフライハグがおすすめです。心療内科や精神科でもおすすめしている治療法の一つなので効果があります。バタフライハグのやり方は単純ですが、正確なものを知るためには専門医に聞いてみることが一番です。心療内科や精神科の医師に教えてもらいましょう。もしくは彼らが監修しているサイトなどで紹介されていることもあります。そのようなサイトを探してやり方をチェックしてみるのもおすすめです。これをやることによって気分が落ち着いてきます。すぐにカッとなってしまうという人などにもおすすめです。ただし、人前ではなかなかできにくいことでしょう。というのも、両手を胸の前にクロスして目を閉じ、2分程度、瞑想するような状態にするからです。人前や外では恥ずかしくてできないこともあります。おすすめなのは自宅に居る時に行うことです。就寝前に行うと快適な眠りにつけるのでいいかもしれません。また、日頃からイライラしがちな人は毎晩、寝る前の日課にしてしまうというのもおすすめです。そうすることで常にリラックスした状態で眠りにつけます。毎日学校や会社で嫌なことがあったとしても引きずることなく、その日のうちにスッキリした状態で眠りにつくことができるというわけです。リラックス方法の一つとして覚えておきましょう。

Copyright© 2019 治療の仕組みと選び方を頭の中に入れておくとよい All Rights Reserved.